C言語入門 (1) とにかくプログラムを作成してみよう

Posted: 2011年08月23日

まずはじめに、簡単なプログラムを見てみましょう

プログラムプログラム:

 #include  <stdio.h>
 #define MESSAGE "hello world"

 int main(void)
 {
     printf(MESSAGE);
     return 0;
 }

C言語のプログラムはmain関数を用意し、その中に処理を書きます。
main関数はOSが呼び出すため、それ以外の関数を用意してもOSから呼び出されることはありません。
OSが呼び出す関数のことをエントリーポイントと呼んだりします。

処理結果処理結果:

画面に「hello world」と表示されます。

解説解説:

printf(print format)関数は、()内に入力した値(引数)を表示します。
formatというくらいなので、指定した雛形で文字を表示することもできます。
※printfのフォーマット指定の仕方は、検索してください

returnはなにか

returnは、呼ばれた人に処理結果を返すときに使用します。
mainの呼ばれた人はOSのため特に返す必要がありませんが
コンソール画面で作成したプログラムを起動した場合は、値をうけとれるため
処理成功時には 0 それ以外の場合は 1以上の値を入れるといいと思います。
具体的に失敗した値は、OSのエラーコードに当てはまる値を返せばいいと思います。
エラーコードについては検索してください。

練習練習:

  1. あなたの名前を表示するプログラムを作成してください。
  2. 任意の2行表示するプログラムを作成してください。
     ※改行文字は、「\n」です。
  3. 「”」を表示するプログラムを作成してください。
  4. 「a」を表示するプログラムを実行したらどうなるか試してください。
  5. コマンドライン引数で指定した文字列を表示するプログラムを作成してください。
     ※コマンドライン引数を取得するには
 // argcが引数の数
 // argvが引数のデータ配列
 main(int argc,char *argv[])
  1. printf関数ではなくputs関数を使用したプログラムを作成してください。
カテゴリー: プログラム, 入門 | タグ: , | コメント無し »

コメント