C言語入門 (4) そういえば、includeってなに?

Posted: 2011年09月11日

今までのプログラム例のはじめに
#includeと書かれた行がありましたが
それは一体何なんでしょうか?

???.hファイル(ヘッダーファイル)に定義されている関数を使用する際に
#include <???.h>
と記述することで
以下のプログラムは、???.hに定義された関数やグローバル変数を使用できるようになります。

具体的には、
出力関数のprintfは、stdio.hに定義されている関数です。

つまり
#include <stdio.h>
を記述することで
printf関数を使用できるようになります。
ちなみに、stdioはstandard io(Input/Output)の略です。

その他にどのような???.hが存在するか

stdlib.h

Standard library
便利な関数が定義されています。

  • メモリー確保
  • 乱数
  • 文字列<->数値変換

math.h

算術処理関数が定義されています。

string.h

文字列処理関数が定義されています。

time.h

時間処理関数が定義されています。

errno.h

エラー番号処理関数が定義されています。

???.hには実際の処理が記述されているわけではなく
???.lib、???.dllに関数が入っています。
名称が「ヘッダーファイル」というところからも
このファイルは、ただの見出しみたいなものであることがわかります。

???.hは、libやdllを作成するときに作るというわけではなく
???.c単位に作成をします。
記述する内容としては、他の???.cに公開する関数を記述します。

練習練習:

  1. math.hの関数を用いたプログラムを作成してください。
カテゴリー: プログラム, 入門 | タグ: , | コメント無し »

コメント